03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

クリリンのことかーっ

2010/04/08
予想よりも早く冒険者の帰還がやってきてしまって驚いています。パラディン、海賊あたりが大当たりな修正なのかな?未だに職固有のスキルに修正が来ないビショップは冒険家ではないということでしょうか。と、愚痴っていても仕方が無いのでもう一つの目玉の指輪を取ることに。恐らくバグ(でなければクリティカルリングは明らかに要らない子)だとは思いますがクリティカルの追加効果が付いていないようです(属性武器の実装に合わせて修正という噂も)。メインの方は無条件に貰える状態で、追加効果の有無を見極めてから交換予定です。弩の方は期間内にLv.30なんてとても上げれないので、指輪取得用にキャラを作成してLv.50にします。とにかく速度が出そうな職と言うことでウィザード(火毒)にしました。スキル修正もあったことですし。

Maple100406_225133.jpg

ミニダンの青鬼(ブルーアシュラジュニア)@火弱点の効率がロイドを軽く凌駕してしまい、休日でLv.43まで上がりその後3時間足らずでLv.50を達成。次やるキャラ用にもう一つくらい取っておこうかなと思っています。

さて、修正されて本家仕様と同じになるとすると、

クルーエルリング:ATK+3 クリティカル +5% 追加ダメージ +20%
クリティカルリング:ATK+2 クリティカル +10% 追加ダメージ +10%

どっちがいいのかは計算してみないとなんですが(ぱっと見クリティカルリングだけど)。なんて話をしていたらクリティカルの仕様が分からない人が少なからずいたのでちょっと「クリティカルとはなんぞや」というところから始めます(メインが魔法使いの人はあまり縁無いですし計算式も違うから仕方ないですよね)。

スキルの説明にはこう書いてあります。

Maple100406_212653.jpg

結論から言うと、嘘です。発生確率に関しては確かに40%ですが、ダメージ200%ではなく、追加ダメージ100%です。例えば、ストレイフ(100%)の場合は200%(100%+100%)となり、アイアンショット(200%)の場合は300%(200%+100%)となります。SEなしの場合はこんなもんです。

Maple100406_212830.jpg

次に、SE。

Maple100406_213006.jpg

説明を書くのを面倒くさがっているとしか思えませんが、正しくは+140%です。さらにクリティカルと重複しますので、さっきの例だとストレイフとアイアンショットはそれぞれ340%、440%となります。

Maple100406_213659.jpg

元々のスキルのパーセンテージからストレイフは3.4倍、アイアンは2.2倍となっています。つまり、スキルのパーセンテージが低ければ低いほどクリティカルの恩恵を多く受けることができます。逆に、単発1000%を超えるようなスキルを使う職の場合はあまり恩恵を受けることはできません。ただし、これは上昇率で見た場合です。上昇値では当たり前ですが、攻撃力の高い職ほど恩恵を受けることになります。4次で弓が化けた理由、投げにSEが必須と言われる理由はこの辺にあります。ちなみに、魔法使いの場合は単純に140%を掛けるだけです。

では、実際に2つの指輪を装備した場合を計算してみます。問題は+10%(20%)というのが本当に+10%なのか、それともクリティカルやSEのように+110%なのかということですがとりあえず前者でやってみます。計算しやすいように100回ストレイフを使用した場合、

[クルーエルリング]
400(100*4)発中 クリティカル:非クリティカル=240:160
240*(100%+100%+140%+20%)+160*(100%)=102,400%

[クリティカルリング]
400(100*4)発中 クリティカル:非クリティカル=260:140
260*(100%+100%+140%+10%)+140*(100%)=105,000%

アランになるとかなり式が長くなるのですが、トリプルスイングまでを1セットとして100セット行った場合(コンボクリティカルMAX、SEで発生確率85%)、

[クルーエルリング]
90*(100%+200%+140%+20%)+10*(100%) +
(90*(170%+200%+140%+20%)+10*(170%)) * 2 +
(90*(240%+200%+140%+20%)+10*(240%)) * 2 = 254,000%

[クリティカルリング]
95*(100%+100%+140%+10%)+5*(100%) +
(95*(170%+100%+140%+10%)+5*(170%)) * 2 +
(95*(240%+100%+140%+10%)+5*(240%)) * 2 = 258,250%

とまぁこっちの方はアランの4次持っていないので合ってるかどうかは不安ですが、攻撃力1の差を考えたとしてもクリティカルの方がやはり良さそうです。

Maple100406_213812.jpg

レイフでのONE KILLですヽ( ´ー)ノ
スポンサーサイト
00:43 MapleStory | コメント(3) | トラックバック(0)

HDDとRamdiskの比較

2010/04/25
誰でもアプリケーションを快適に使いたいと思っているでしょう。ゲームにおいては尚更だと思います。なんだかんだで私自身もメインPCは3代目になっています。その間、ハードウェアの拡張や換装等も数回行っていますが、その中でもちょっとだけオススメしたいことを紹介しようと思います。

通常、一番安く簡単で手軽にPCのパフォーマンスを上げるためにはメモリを増設するというのが一般的だと思います。数年前に比べればかなり安くなった方(4/25時点で1.9円/MB)かと思いますが一般的に使われているWindowsの32bitOSではOSが管理できるのはおよそ3.2GB程度。4GBまで拡張してしまえば確かにスワッピングの頻度も減りパフォーマンスの向上が見込めます。ただ、2GBを2枚刺したとすると4スロットあるATXマザーボードの場合は一生使わないことになってしまいます。

スワッピングとは簡単に言えばメモリのデータの一部をHDDに退避してRAMの領域を確保し、必要に応じてメモリに再ロードすることです。しかし、HDDのアクセス速度は低速なので頻繁にスワッピングが起こってしまうと全体のパフォーマンスは低下してしまいます。

HDDへのアクセスは全体のパフォーマンス低下の原因の一つとなります。では、極力アクセスしないためにはどうしましょうか。メモリ上に全てロードすれば良いのでしょうが、例えばメイプルの場合だと現時点で全てのファイルで2GBあります。メーカー側は全部を起動時にロードするようなプログラムを組んでおいて動作環境に必要メモリ3GBと書くわけにもいかないはずなので、起動時には最低限のデータをロードしておいて必要に応じてファイルからロードするというようなプログラムの作りになっていると思います。そこでRAMDISKというものを使います。RAMDISKはメモリの一部がOSにディスクドライブとして認識されたものです。ここにプログラム一式をインストールしてしまえば、アプリケーションはあたかもHDDにアクセスしているようにメモリにアクセスすることになります。RAMDISKを作成するソフトはOS管理外のメモリもディスクに変換してくれるものがあります。私の場合はシステム用の4GBに加えてさらにRAMDISKの領域用に4GB増設して使用しています。

WS000000.png

ただ、ご存じのとおりメモリは揮発性ですので電源を落としてしまうとその中に保存してあったデータは全て消えてしまいます。OSの起動時にいちいちアプリケーションのインストール行わなければならないのはちょっと手間です。そこで、インストールはHDDにしておいて、ファイルの実体をRAMDISK上に作成し参照させます。これはジャンクション機能と呼ばれるものを使用します(実際に使用するにはリソースキットからlinkd.exeを抜いてくる必要があります)。

WS000032.png
(左がHDD、右がRAMDISK)

後はOSの起動時にHDDにあるプログラム一式をRAMDISKにコピーしてHDDの本来あるべきところに対してジャンクションを張ってあげるようなバッチを登録しておけば、PCのスイッチを押してコーヒーを煎れている間に準備完了しているはずです(RAMDISKのソフトによってはここまでやってくれるものもあるようです)。

それではベンチマークの結果を。まずはHDDから、

WS000126.jpg

最近一般的になってきているSSDですが私は持っていないのでググってみるとこんな感じです。
SSD ベンチ

最後にRAMDISK。

WS000125.jpg
(RAMDISKソフトはVSuite Ramdisk Free Edition 日本語版を使用)

スコアの桁が違います。では、実際にアプリケーションを動かした時にどのくらいの差がでるものでしょうか。重いマップの代表格であるフリマ入口(楓サーバ)に行って確かめてみました。



特に差が顕著に出たのは、マップに入って着地するまでの時間と高速に移動した時、移動先で他のキャラクターが表示されるまでの時間でした。この差を大と見るか小と見るか人それぞれだとは思いますが、他にも使い道は色々あるので時間とお金に余裕がある人はやってみてはどうでしょう。
09:50 MapleStory | コメント(0) | トラックバック(0)

帰省につき

2010/04/29
4/29-5/4まで帰省のため音信不通になりますヽ( ´ー)ノ
12:31 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。